JSPS A3 Foresight Program

Research on Next Generation Internet
and Network Security
次世代のインターネットと
ネットワークセキュリティに関する研究



韓国・平昌にて A3 ワークショップが開催

2016年7月10日から13日まで、韓国・平昌にて日中韓(A3)フォーサイト事業の一環としてワークショップが行われました。今回のワークショップでは若手研究者を中心に研究報告及び討論が行われ、研究者間の有意義な意見交換が行われると共に各国の研究者・学生間のつながりを強化し、親睦が深まるなど大成功のうちに終了いたしました。 日中韓フォーサイト事業は日本、中国、韓国の研究機関が連携した世界トップレベルの学術研究及び若手研究者の育成を目的としたものであり、本プロジェクトでは「次世代ネットワークとネットワークセキュリティに関する研究」に関して日中韓で共同研究が行われています。

Pic

沖縄にて A3 ワークショップが開催

2016年2月17日から19日まで、沖縄にて日中韓(A3)フォーサイト事業の一環としてワークショップが行われました。今回のワークショップでは若手研究者を中心に研究報告及び討論が行われ、研究者間の有意義な意見交換が行われると共に各国の研究者・学生間のつながりを強化し、親睦が深まるなど大成功のうちに終了いたしました。 日中韓フォーサイト事業は日本、中国、韓国の研究機関が連携した世界トップレベルの学術研究及び若手研究者の育成を目的としたものであり、本プロジェクトでは「次世代ネットワークとネットワークセキュリティに関する研究」に関して日中韓で共同研究が行われています。

Pic

中国北京にて A3 ワークショップが開催

2015年7月1日から4日まで、中国北京にて日中韓(A3)フォーサイト事業の一環としてワークショップが行われました。今回のワークショップでは若手研究者を中心に研究報告及び討論が行われ、研究者間の有意義な意見交換が行われると共に各国の研究者・学生間のつながりを強化し、親睦が深まるなど大成功のうちに終了いたしました。 日中韓フォーサイト事業は日本、中国、韓国の研究機関が連携した世界トップレベルの学術研究及び若手研究者の育成を目的としたものであり、本プロジェクトでは「次世代ネットワークとネットワークセキュリティに関する研究」に関して日中韓で共同研究が行われています。

研究交流の成果として、協力機関等から留学生の受け入れが実現

これまでの研究交流により協力機関間の連携が進み、協力機関である西安電子科技大学及び北京郵電大学、さらには中南大学から1人ずつ東北大学への留学生の受け入れが実現しました。今後さらなる連携の強化が期待されます。

共著論文がIEEE Networkに採録

東北大学加藤・西山研究室と中国西安電子科学技術大学の共著論文
である「Device-to-Device Communications for Enhancing Quality of Experience in Software Defined Multi-Tier LTE-A Networks」がIEEE Networkに採録されました。

西安電子科技大学にて加藤教授、西山准教授が講演

2015年2月27日、加藤教授及び西山准教授が西安電子科技大学を訪問し、加藤教授が「Advanced Ad Hoc and Mesh Networks Technoogies to Facilitate Specialized Disaster-resilient Networks」と題して、同じく西山准教授が「Smart fiber-Wireless Access Networks for 5G」と題して、それぞれ招待講演を行いました。

Prof. Kato Prof. Kato

韓国釜山にて A3 ワークショップが開催

2015年2月4日から7日まで、韓国釜山にて日中韓(A3)フォーサイト事業の一環としてワークショップが行われました。今回のワークショップでは若手研究者を中心に研究報告及び討論が行われ、研究者間の有意義な意見交換が行われると共に各国の研究者・学生間のつながりを強化し、親睦が深まるなど大成功のうちに終了いたしました。 日中韓フォーサイト事業は日本、中国、韓国の研究機関が連携した世界トップレベルの学術研究及び若手研究者の育成を目的としたものであり、本プロジェクトでは「次世代ネットワークとネットワークセキュリティに関する研究」に関して日中韓で共同研究が行われています。

共同研究の成果がICC 2015に採録

東北大学加藤・西山研究室と北京郵電大学との共同研究結果及び中国西安電子科学技術大学との共同研究結果がそれぞれIEEE International Conference on Communications (ICC 2015)に採録されることが決定しました。

共同研究の成果がWCNC 2015に採録

東北大学加藤・西山研究室と北京郵電大学との共同研究結果が2015 IEEE Wireless Communications and Networking Conference (WCNC 2015)に採録されることが決定しました。

韓国慶州にて A3 ワークショップが開催

2014年7月13日から15日まで、韓国慶州にて日中韓(A3)フォーサイト事業の一環としてワークショップが行われました。今回のワークショップでは若手研究者を中心に研究報告及び討論が行われ、研究者間の有意義な意見交換が行われると共に各国の研究者・学生間のつながりを強化し、親睦が深まるなど大成功のうちに終了いたしました。 日中韓フォーサイト事業は日本、中国、韓国の研究機関が連携した世界トップレベルの学術研究及び若手研究者の育成を目的としたものであり、本プロジェクトでは「次世代インターネットとネットワークセキュリティに関する研究」に関して日中韓で共同研究が行われています。

COP1

共著論文がFundamenta Informaticaeに採録

Ping Pan、Licheng Wang教授、Yuanju Gan、Yixian Yang教授(北京郵電大学)、Lihua Wang(NICT)の共著論文がFundamenta Informaticaeに採録されました。

AsiaJCIS 2013にて、共著論文が最優秀論文賞を受賞

2013年7月25~26日、韓国のソウルにてAsiaJCIS 2013が開催され、高橋寛弥、安永憲司、満保雅浩(金沢大学)とKwangjo Kim(KAIST)、Heung Youl Youm(Soon Chun Hyang University)の共著論文「Preventing Abuse of Cookies Stolen by XSS」が最優秀論文賞を受賞しました。

met3

札幌にて、A3ワークショップが開催

2013年7月10日から12日まで、北海道札幌市にて日中韓(A3)フォーサイト事業の一環としてワークショップが行なわれました。初日、ワークショップ開催国代表者である加藤寧教授の挨拶によってワークショップが開会し、その後若手研究者を中心に研究報告及び討論が行われました。今回のワークショップは研究者間の有意義な意見交換が行われると共に各国の親睦が深まるなど大成功のうちに終了いたしました。日中韓フォーサイト事業は日本、中国、韓国の研究機関が連携した世界トップレベルの学術研究及び若手研究者の育成を目的としたものであり、加藤教授が代表者を務める本プロジェ クトでは「次世代インターネットとネットワークセキュリティに関する研究」に関して日中韓で共同研究が行われています。

COP1 COP2

共著論文がInformation Scienceに採録

情報通信研究機構(NICT)のLihua Wang主任研究員と上海交通大学のZhenfu Cao教授らの共著論文がInformation Scienceに採録されました。(論文リストへ)

韓国済州島にて、A3 ミニワークショップが開催

2013年2月21日〜23日、韓国済州島にて日中韓三カ国合同のワークショップが行なわれました。初日は東北大学A3代表加藤寧教授の開会挨拶、安達文幸教授からの基調講演後、ワークショップ参加者からの研究報告が行われました。二日目以降は研究分野ごとの交流が行われました。今回のワークショップでは、研究に対する有意義な意見交換が行われ、各国の親睦も深まりました。

WS1 WS2 all japanese

Computer Security Symposium 2012にて、共著論文を発表

2012年10月30日~11月1日島根県にて、Computer Security Symposium 2012 (CSS2012) が開催され、筑波大学岡本教授らと金沢大学満保教授の共著論文が発表されました。(論文リストへ)

共著論文がIPSJ Journalに採録

筑波大学岡本教授らと金沢大学満保教授の共著論文がIPSJ Journalに採録されました。

共著論文がIEICE Transaction on Fundamentalsに採録

筑波大学岡本教授と金沢大学満保教授、情報通信研究機構(NICT)の王主任研究員と北京郵電大学のLicheng Wang准教授の共著論文がIEICE Transaction on Fundamentalsに採録されました。

このページの先頭へ
Copyright (C) KatoLAB. All Rights Reserved.